「グロテスク〜奇怪なる、愛しきもの」TH No.72画像

「グロテスク〜奇怪なる、愛しきもの」TH No.72

商品説明
グロテスク、という言葉には、生理的嫌悪感がつきまとう。
そこから目を背け、排除したいという欲求が見え隠れする。

だが、そこで思考停止してしまってよいものだろうか。

世の中には、嫌悪感を抱くものが存在することなど、当然のことなのだ。
それに興味を持ち、理解しようと努め、その存在理由に得心したとき、世界が広がる。

そうして愛しきものが、またひとつ増える。

あらたな愛しきものを、探しに行こう。

=================
■主な内容
=================
三浦悦子の世界〈7〉「食穴」
林美登利〜異形の子供に、惜しみのなく注がれる愛情
たま〜可愛らしい少女の中に秘められた、不気味な何かを暴く
Ciou〜禍々しくさと神聖さが同居した夢幻の小宇宙
映画「青春夜話 Amazing Place」「エンドレス・ポエトリー」〜青春時代への思いを醜悪に描くか、幻想化して描くか

立島夕子〜瀬戸際から発せられた生命の賛歌
四方山幻影話33●写真=堀江ケニー、モデル=立島夕子

黒沢美香〜既成の価値観に収まらない、名前のない景色の豊満さ●斎藤栗子
��グロテスク�≠ニいう画家〜畔亭数久とその時代●志賀信夫

芸術における崇高とグロテスク〜美と醜の結合から生み出されたもの●べんいせい
もう一つの��怖い絵�=`余白、接吻、黄色に魅せられて●柏木静
愛はグロテスクを超えて〜人はいかにして美醜の壁を乗り越えるか●浦野玲子
虫めづる姫君たち〜現代サブカルチャーにおける「ナウシカ型ヒロイン」と「キモカワ」の系譜●梟木
われらグロテスク仲間〜恥部を明かしあって生まれる貴重な関係●日原雄一

グロおかしき目玉たち〜我が道を行く謎のバンド、ザ・レジデンツ●高槻真樹
手�恷。虫作品におけるグロテスク〜過渡期に生まれた『どろろ』をめぐって●松本寛大
グロッタの小説家、尾崎翠の『第七官界彷徨』●並木誠
グロテスクな生き物〜そこにある強い生命の意思●本橋牛乳

グローン ごっこ遊びプロジェクト●ごとうゆりか
パースペクティブキッド●ひさうちみちお
《コミック》 DARK ALICE 23. ライル●eat
《小説》 親指少女●最合のぼる
こやまけんいち絵本館30「兎」●こやまけんいち
一コマ漫画「闇の神殿」●岸田尚

Review
石井輝男監督「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」●さえ
松本俊夫監督「ドグラ・マグラ」●日原雄一
上田秋成「雨月物語」●待兼音二郎
筒井康隆「ポルノ惑星のサルモネラ人間」●梟木
H・G・ウエルズ「タイムマシン」●市川純
ロバート・J・シュワルブ「堕落の書」●田島淳
ヴォルフガング・カイザー「グロテスクなもの」●岡和田晃
秋葉舞子「髪飾りの少女」●ごとうゆりか
ほか

辛しみと優しみ30●人形・文=与偶
立体画家 はが いちようの世界18〜炭酸入りのレモネード●はが いちよう
書物の百物語《五》ポップ異端文書としての『百億』●樋口ヒロユキ

TH RECOMMENDATION
世界最高峰の国際芸術祭「ヴェネチア・ビエンナーレ2017」レポート〜「VIVA ARTE VIVA(アート万歳)」に見たプリミティブ&ネイティブという新たな視点●ケロッピー前田
日本発の国際芸術祭「ヨコハマトリエンナーレ2017」レポート●ケロッピー前田
〈アジアフォーカス2017〉レポート〜多様性を跳び超えてのカオス。未だ見ぬ映画の新世界へ!●森泉敦子
「杉本一文の世界展」〜杉本一文の装画と銅版画の大回顧展
真木環 個展「やがて外つ国へ至る物語」〜少女は外へ出て、冒険へ赴く
七戸優 個展「幻真」〜七戸優の待望の個展が開催!
田原桂一「光合成」with 田中泯〜光と身体が生み出す鮮烈なイメージ
谷敦志写真集、2冊同時発売!
森環個展、金沢へ!