yaso#山尾悠子 夜想画像

yaso#山尾悠子 夜想

商品説明
 豪華執筆陣による多様な読み解き、自ら明らかにする作歴。
 書きおろし「年譜に付け足す幾つかのこと」+近作掌篇「『薬草取』まで」「薔薇色の脚のオード」収録。

 これを読まずして、山尾悠子を語れない。


 金井美恵子、川上弘美、諏訪哲史ら豪華執筆陣によるエッセイ、評論、インタビュー、山尾悠子書きおろしを収録。
 『飛ぶ孔雀』(2018)では、泉鏡花文学賞、日本SF大賞、芸術選奨文部科学大臣賞の三冠を達成。今ようやく時代が山尾悠子に追いつこうとしている。本書は、はじめての読者から生粋のファンまで楽しめる、山尾悠子読本の決定版。

 本特集は、山尾が自身の作歴を明らかにした書きおろしエッセイ、近作掌篇2作、インタビューを収録。美術、フェミニズム、翻訳といった多様な視点から作品を読み解き、進化を続ける作家像に迫る。
 写真家・沢渡朔が20代の山尾を撮影したポートレイトや、山尾の掌篇小説「小鳥たち」からインスピレーションを得て人形作家・中川多理が創作した人形の写真からなる32Pのカラーページも見どころ。
 彗星のようなデビュー、ジュブナイル・歌集・翻訳の魅力、冬眠からの目覚め、鏡花・人形との縁・・・。最新作『山の人魚と虚ろの王』を含む作品群にあたらしい光をあてる永久保存版!


[目次]
●書きおろし|山尾悠子|年譜に付け足す幾つかのこと
 掌篇|山尾悠子|「薬草取」まで
 掌篇|山尾悠子|薔薇色の脚のオード
 インタビュー|岡山発、京都経由、幻想行|山尾悠子×金原瑞人
 講演録|泉鏡花文学賞受賞記念スピーチ|山尾悠子
 座談会|循環する小鳥たち|山尾悠子+中川多理+編集部|写真:赤羽卓美
●photo
 山尾悠子 1979|写真:沢渡朔
●エッセイ
 金井美恵子|川上弘美|時里二郎
●評論
 沼野充義|谷崎由依|金沢英之|三辺律子
 佐藤弓生|諏訪哲史|川野芽生|田中美穂
 金沢百枝|吉田恭子|倉数茂
 高原英理|清水良典
●はじまりの頃
 高柳誠|東雅夫|礒崎純一
●人形の縁(えにし)
 金原瑞人|中川多理
●詳細資料
 年譜|ビブリオグラフィ




ISBN978-4-902916-45-4 C0093
本体価格:2,400円+税
A5判/248ページ