【サイン入り】通州事件 日中戦争泥沼化への道画像
ISBN:978-4-06-138607-5
出版社:星海社
著者:広中一成
出版年:2016/12
版型: 新書判並製
ページ数:192
定価:880円(税別)
こちらは新本での取扱になります。

【サイン入り】通州事件 日中戦争泥沼化への道

商品説明
紹介
居留民二二五名死亡。見逃された予兆、責任逃れ、プロパガンダ
日中戦争開始から約三週間後の一九三七年七月二九日。北京からほど近い通州で、日本の傀儡政権である冀東政権麾下の中国人部隊「保安隊」が突如反乱を起こした。「通州事件」と呼ばれるこの反乱により、二二五名もの日本人居留民(うち一一一名が朝鮮人)が命を落とした。しかし、通州事件には、未だ多くの疑問が残されている。「反乱はなぜ起きたのか?」「予兆はなかったのか?」「責任は誰が取ったのか?」「事件はどう報道されたのか?」――本書では、これらの疑問に対し、数々の史料を駆使して検討を加える。事件発生から八〇年が経とうとしている今だからこそ、我々は感情的で不毛な議論を排し、実証的見地からその全貌を捉え直さなければならない。

目次
はじめに
地 図
第一章 通州事件前史
第二章 通州事件の経過
コラム その一 今に遺る通州事件の痕跡 ―「奥田重信君之碑」―
第三章 通州事件に残る疑問
コラム  その二 通州事件の歴史写真をめぐって
おわりに
あとがき
参考文献一覧

著者プロフィール
広中 一成  (ヒロナカ イッセイ)  (著/文)
中国近現代史研究者
一九七八年、愛知県生まれ。二〇一二年、愛知大学大学院中国研究科博士後期課程修了。博士(中国研究)。現在は愛知大学国際コミュニケーション学部非常勤講師。専門は中国近現代史、日中戦争史、中国傀儡政権史。大学院時代より一〇年近く、通州事件に関する史料収集、現地調査、論考の発表を行ってきた。本書はその成果を一般向けにまとめたものである。ほかの著作に、『ニセチャイナ 満洲・蒙疆・冀東・臨時・維新・南京』(社会評論社、二〇一三年)、『日中和平工作の記録―今井武夫と汪兆銘・蒋介石』(彩流社、二〇一三年)、『語り継ぐ戦争―中国・シベリア・南方・本土「東三河8人の証言」』(えにし書房、二〇一四年)などがある。ツイッターは@hironakaissei
ショッピングカート
カテゴリーから探す