雑誌の死に方 : "生き物"としての雑誌、その生態学画像
ISBN:4-7852-0079-0

出版社:出版ニュース社

著者:浜崎 廣

出版年:1998/3

版型:ハードカバー判

ページ数:288ページ

定価2,200円(税別)


状態:未読品になり状態はほぼ程度のよい状態になります。
   裏表紙バーコード部分に自由特化本シール貼り、あるいは底に赤線が引かれています。
新古本とは出版社の不動在庫となり、一度も消費者に購入されておらず正規の定価よりも安く売られる本になります。
できるだけ状態の良いものを入荷しておりますが、若干の痛みがあるものがありますので予めご了承ください。

雑誌の死に方 : "生き物"としての雑誌、その生態学

商品説明
紹介
雑誌とは、なんだろう?なぜ、突如消えてなくなるのか?現代の巨大な、この"生き物"の生態を、死に、焦点をあて解剖する注目の書が、いま出た!!雑誌廃刊号追究の記録。

目次
雑誌は"生き物"である。-"生き物"といわれる理由。長寿雑誌ベスト12。7つに分類される雑誌の生態系。
時代によって寿命はどう変わったか。-明治初期から昭和戦中期までの雑誌寿命を廷ばす出来事、縮める出来事。各時代の寿命表。
別の角度からみた雑誌の死と寿命。-同類個体の相互生存関係。
死なせ方を熟知していた2人の男。-大橋佐平の雑誌経営論と、宮武外骨の雑誌自殺論。
"生き物"だから、いつかは死ぬ。-雑誌の死の要因。「内的要因」と「外的要因」〔ほか〕
ショッピングカート
カテゴリーから探す