遊廓の産院から ---産婆50年、昭和を生き抜いて画像
ISBN:978-4-309-41206-1
出版社:河出書房新社
著者:井上 理津子
出版年:2012/3
版型:文庫並製
ページ数:322
定価: 円(税別)

状態:未読品になり状態はほぼ程度のよい状態になります。
   裏表紙バーコード部分に自由特化本シール貼り、あるいは底に赤線が引かれています。

新古本とは出版社の不動在庫となり、一度も消費者に購入されておらず正規の定価よりも安く売られる本になります。
できるだけ状態の良いものを入荷しておりますが、若干の痛みがあるものがありますので予めご了承ください。

遊廓の産院から ---産婆50年、昭和を生き抜いて

商品説明
紹介
五〇年で、八〇〇〇人もの赤ちゃんを取り上げた助産婦・前田たまゑ。彼女の産婆人生は、神戸の福原遊廓から始まった。堕胎が許されなかった戦前の遊廓、戦時下のお産、戦後すぐのベビーブーム、いつしか主流となった病院出産の時代…世話焼きおばさんの語り部から聞こえてくる助産の歴史は、昭和を背負った女性たちの肉声を伝え継ぐ。『さいごの色街飛田』を記した著者の原点。

目次
母の死、義姉の死産-一九一八~
看護婦見習いの頃-一九三九~
お産の神様-一九四一~
戦時下のお産-一九四三~
お産ラッシュ-一九四五~
産婆から助産婦へ-一九四七~
妊娠しないように教える仕事-一九四九~
産婆と米屋、二足のワラジ-一九五一~
病院出産の時代に-一九五五~
ラマーズ法-一九七八~
わたしの出産記録
ショッピングカート
カテゴリーから探す