路上の全共闘1968画像
出版社:河出書房新社
著者:三橋 俊明
出版年:2010/6
新書判:244ページ
定価:1300円(税別)
ISBN:978-4-309-62418-1

特価本とは出版社の不動在庫となり、一度も消費者に購入されておらず正規の定価よりも安く売られる本になります。
できるだけ状態の良いものを入荷しておりますが、若干の痛みがあるものがありますので予めご了承ください。

路上の全共闘1968

商品説明
紹介
全共闘は、学生運動ではなかった。バリケードは世界に開かれた「アジール/混在郷」であり、路上の礫が群衆を自己組織化へと誘い、神田の街は解放区と化した。日大全共闘の当事者がその体験をあえて私的に想起しながら、学生運動ではない「直接自治運動」としての全共闘の経験を来たるべき「反政治/直接自治」の可能性として検証するいままで語られなかった新しい1968論。

目次
序章 想起せよ!とカルチェ・ラタンが囁く
第1章 沸騰する路上の全共闘
第2章 バリケードという「アジール/混在郷」
第3章 神田/礫/路地-群衆が自己組織化する瞬間
第4章 全共闘を誘惑した「政治」
終章 造反有快-直接自治運動をめぐる経験
ショッピングカート
カテゴリーから探す